Practice makes perfect!

Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.

BS走行会を終えて

10/4のホットチョコ走行会と、本日開催されたBS走行会に参加してきたので、ブログを更新☆
どちらも筑波サーキットの走行会です。


f:id:yukkuriharuhei:20161013200653j:plain

写真はホットチョコの走行会の二セット目が終わった後の一枚。
BS走行会の写真は残念ながら無い。


動画が撮れてればなぁ。
youtubeにアップしたのに・・・。

一度直してもらったのにまたカメラの調子が悪いのです。
sonyのなんだけど、なぜか映像が途中で切れたり、
最初から撮れなかったり。
不良品だったのかな。


さて、ホットチョコの走行会は20分を3セット走るのだが、
二時間以内に2つのクラスが3セットずつ走るため、
休憩する時間がほとんど無いのである。
すなわち非常にしんどいのである。
3セットを走り終えたら右手に力が入らなくなってしまったほど・・・。
翌日は全身筋肉痛・・・。
もう歳だな。

今後はサーキット走行前にトレーニングが必要だ。

そして肝心要のタイムだが、動画で確認するつもりだったけど、
動画が撮れてなかったから全然わからず・・・orz
ラップタイマーを付ければいいだけのことなんだけど、
仕事が忙しくてそれどころではなかったのと、
基本的なメンテでいっぱいいっぱいだった。

言い訳ばっかり><

来年は必ず付ける!
そして動画をアップする!


さて、BS走行会ではホットチョコの反省を活かし、
携帯のGPSでタイムを計測することにした。
(どこまで正確かわからんが・・・)

しかし今日の路面温度は20度以下。
しかもタイヤはブリヂストンのRS10typeRと
初めて履くタイヤだから不安しかなかったが、
久々に履いたBSタイヤは割と好感触で不満はなかった。

あるとすれば、ライフになると思う(未来形)。
融け方が尋常ではない・・・。
サーキット走行だけだと恐らく三時間持たない。
そんな融け方である。
プロダクションタイヤと変わらない気がする。
しかし感触が良かったのは事実。
特にフロントタイヤの安心感は抜群だし、
温まりも早い。
これからの時期でも意外と路面温度気にせず走れそう。


前置きが長くなったけど、ベストタイムは1'06.38でした。
5秒台は出なかった・・・。
悔しすぎて今日はぐっすり寝れないな。
ナンバー付きで3秒を切ることが最終目標だけど、
いばらの道となりそうだね。

でもホットチョコの走行会で5秒台が出ていたと思いたい。
レーステックRRを履いていたわけだし。
こういうことはポジティブに考えないとね。


今年のサーキット走行はこれで終わりになるけど、
周遊道路はまだ走れる!
今月いっぱい周遊道路を走りまくって走り納めとしよう。

リアサスOH

とりあえず9000kmも走ったのでリアサスをOHすることにした。

去年フロントやってるからこれで足回りはばっちりだ。

完成までちょっと時間がかかりそうだから、

その間にお金を貯めてレーステックRRを2セット手に入れよう。


10月の走行会までにフロントのスプリングレートを上げたいから、

さらにお金を貯めないと・・・ちょいと厳しい・・・。


夏場は苦手な低速コーナーを奥多摩周遊で、

得意な高速コーナーを首都高でさらに磨いて、

本番は10月の筑波!




結果を出したい。

いや出す!

目標は5秒切り。

俺ならいける。

たぶん・・・。

クリア出来なかったらバイク降りる。

無題

しかし空気圧のことで過剰に反応してしまうのは本当改めないといけないなぁ。
別に他人に強要するつもりなんてないんだけど、いきなり否定から入られたらねぇ・・・。
まぁ間違いなく否定してくる人は一度も俺と同じセットで走ったことが無いんだろうな。
もしあったら否定から入るなんてことは考えられないからな。


そもそもプロダクションタイヤの空気圧に公道用の設定なんて無いんだし、
こっちは低いも高いもいろいろ試した上でやってるわけで、他人にとやかく言われる筋合いはない。
参考にならないと思ったら無視してくれればいいわけで。
なぜそこまで低いといけないのか具体的に指摘した人は一人もいなかったしね。



インプレ記事でも書いたけど、レーステックRRは半端じゃなく硬い。
スパコルがすこぶる柔らかかったからなおさらそう感じるのかもしれないけど、
2.5キロなんて入れたら乗れたもんじゃないんだぜ。マジで。
ツーリング行くのに履くタイヤじゃないんだぜ。




公道で履くタイヤでも無いですが。
ごめんなさい。




最初は前後とも冷間で2.2キロで乗ってたんだけど、
あまりに乗り心地が悪かったんで、冷間で2.0キロまで落としたんだよね。
それでも峠をかっ飛ばすと今度は内圧が上がりすぎてグリップ感が乏しかったんで
温間で2.1キロで合わせてみたらいい感じだったというわけ。



そんでもってそれなりのペースで走った結果があの写真。



まぁフロントは見事にアマリングが残ったけど、リアはそれなりかと。
全く荒れが見られないことから、サスセッティングの方向性や走り方はきっと問題ない。




携帯アプリのディアブロスーパーバイカーがどれだけの精度があるのか知らないけど、
左右とも最大バンク角は55度という結果だった。




正直自分でもそんなに倒してるのかと驚いたし、
逆にそれだけ倒してもアマリングが消えなかったということにも驚いた。
レーステックの限界はまだまだずっと先にあって全く使い切れていない。
ま、それがわかっただけでも自分の未熟さを再確認できたわけだから、
前向きにこれからもっともっとスキルを磨いていくだけだね。




しかし公道だから、マージンを残して走らなければいけないからあれ以上はちょっと厳しいな。
これ以上攻めるならサーキットだな。
まだまだ進入がマックスコーヒー張りに甘いんだろうけど、
失敗したら崖から落ちちゃうからな。崖から落ちたらきっと死んじゃうし。
まだ死にたくないから今くらいのペースで遊んでいよう。





おっともうこんな時間か。
独り言はこの辺にして寝るかな。
おやすみなさい。

20160601 奥多摩周遊道路

平日にもかかわらず、今日も奥多摩は大盛況。
速いのはいなかったけど・・・。

f:id:yukkuriharuhei:20160601183803j:plain

f:id:yukkuriharuhei:20160601183816j:plain

完全にアマリングを消すのは厳しい・・・。

空気圧が高すぎるのかなぁ。

まだ跳ねるんだよなぁ。

冷間でフロント1.95キロ リアが1.8キロ
温間でフロント2.1キロ リアも2.1キロ

これからもっと気温が上がれば、路面温度も上がるから空気圧も上がるはず。
次は前後温間2.0キロで合わせてみるか。

現在のセッティング

f:id:yukkuriharuhei:20160525215235j:plain

f:id:yukkuriharuhei:20160525215247j:plain


現在の私のマシンは少しシート高が上がっている。
ノーマルと比べると、約1cm程。
ヨシムラのシムを入れている。
これでフロントに荷重をかけやすくしている。
ハンドル位置は1cm下げており、ポジションはかなりきついが、
フロントに荷重をかけやすいため、今まで以上のスピードでコーナーに進入できる。
ただリアの荷重が抜けやすいため、コーナー立ち上がりでオーバーステア気味。
アクセルコントロールは慎重にしないといけなくなった。

どこかを良くすればどこかが犠牲になるのは仕方がない。

すでに一回フロントサスをオーバーホールしているが、
次回のオーバーホールでスプリングレートを上げたい。
公道では今のままでいいんだけど、サーキットだと柔らかすぎる。
プリロードの調整では限界あるしなぁ。

レーステックRR インプレ その2

f:id:yukkuriharuhei:20160525212208j:plain

f:id:yukkuriharuhei:20160525212221j:plain



場所は奥多摩周遊道路
川野駐車場~ふるさとの信号まで

フロントの空気圧は冷間1.9キロ
リアは冷間1.8キロ

写真を見ると前回より溶けている。
リアの空気圧を少し落としたことによりグリップ感が増し、
アクセルを開けれるようになったからな。

2往復しただけでこんな感じだからライフは・・・。
今日の走行で空気圧で結構性格が変わるタイヤなのがわかった。
早くこいつでサーキットを走ってみたい。
写真を見るとサイドの色が違うな。
しかしフロントのアマリングはなかなか消えてくれない。
ヘタクソと言われているみたいで悔しい。
もう少し突っ込みで頑張らないといけないな。
まだまだ使い切れていない。

メッツラー レーステックRR インプレ 120/70 K1 180/60 K2

f:id:yukkuriharuhei:20160519081821j:plainf:id:yukkuriharuhei:20160524223436j:plain

ピレリのスーパーコルサとは全く異なる印象のタイヤだった。
グリップの限界は相当高いと思う。
自分のレベルでは到底引き出せないんだけど・・・。

それでは箇条書きでインプレを。
まず乗り心地はめっちゃ悪い。
メーカーの規定空気圧では跳ねまくる。
現在前後とも冷間で2.0kpaにしているが、
リアはもっと抜いてもいいかもしれない。
これでも跳ねるし・・・。
とにかく硬い印象。剛性があると言ったほうがいいのかな。

市街地の走行では乗り心地が最悪なんだけど、
峠でスポーツ走行をすると逆に良い感触になる。
バンクしてる時は地面を削り取っているかのような感じがする。

フロントタイヤはしっかり荷重をかければぐいぐい旋回する。
スパコルは何も考えずに走っても早く走れたけど、
レーステックはブレーキや、荷重を意識しないと
スパコルと同じだけの旋回力は引き出せないかもしれない。

リアタイヤは剛性高すぎ。
次回はもっと空気圧を下げて乗ってみる。

走行後はサラッとしていてライフは期待できそう。
2000kmはもってほしい。
真ん中はどうせ余るからサイドが終わった時点で矢不億だな。

明日はまた奥多摩へ出撃だ。
今日はもう寝よう。