読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Practice makes perfect!

Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.

リアブレーキの使い方

 前から気にしていたことなのだが、私はほとんどリアブレーキを使わない。いや、うまく使えない・・・。しかし、安全に速く走るためには必要なのだと何かの記事で読んだことがあり、使いこなせるようになりたい。今後はリアブレーキを習得できるように積極的に使っていきたいと思う。

 今日はyoutubeSBKのレースを見ていたのだが、選手たちがリアブレーキをどう使っているのか集中して見てみたところ、右足をアップで映している映像がなくてよくわからなかった。そこでグーグルで「リアブレーキの使い方」を調べてみると、様々な情報が得られた。

 

1、スピード調整の為に使用するのではない。

2、下りなどでピッチングモーション(ノーズダイブ)を抑える。

3、コーナー立ち上がり時に使うことでよりスムーズに立ち上がることができる。

4、バンク中に使うことでリアにトラクションがかかる為、車体が安定する。

 

 だいたい上記のようなことが書いてあった。

 まず、1はわかる。SSならばハードブレーキング時はリアの設置感なんてないし、浮いてしまうことさえある為基本は9:1でフロントブレーキを使う。2に関してもわかる。下りのブレーキでリアが浮いてしまうと、ノーズダイブによるピッチングモーションが大きくなりすぎてとても怖い思いをする。そこでリアブレーキを一瞬先にかけてからフロントブレーキをかければ、ノーズダイブもフルボトムも防げるということだろう。問題は3と4だ。

 3と4に関しては恐らくドン突きを抑えるためではなかろうか。リアブレーキを使うとスイングアームが後ろに引かれる力がかかって少し沈むから、トラクションをかけながらスムーズに立ち上がれるということなんだろう。でもハングオンで乗ることが前提だと、どうしても使いづらいんだよなぁ。左コーナーならばまだ分かるが、右コーナーの場合はステップにつま先が乗っていると立ち上がりでリアブレーキが使えない。土踏まずでステップを踏んでいれば使えないことはないが・・・。

 考えても仕方ないのでとりあえずやってみるしかない。今週末は奥多摩へ行く予定だから、いろいろ試してみるつもり。白バイがいなければ最高なんだが。

広告を非表示にする