読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Practice makes perfect!

Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.

ドライブ

 久しぶりに道志みちにドライブに行ってきた。気温は18度くらいで、とても気持ちよく走れた。

 もうリアルにお金が無くなってきたので、アクセルをガバ開けするような走り方はせず、なるべく高いギアを使い、スムーズな運転を心がけた。

 タイヤの空気圧もいつもなら2.1kpaとか2.2kpaとかに設定するんだけど、今日は前2.3kpa、後2.4kpaで走った。これくらい空気圧を入れていると、なかなか温まりが遅く、ちょっとフルバンクが怖いが、それでもしっかり加重をかけてやれば全く問題なく走れた。ロードスポーツは温度依存も少ないようで、やはりいいタイヤだ。

 

 そういえば帰り道に、甲州街道でバイクがパトカーに追いかけられているのを目撃した。かなりのスピードで走っていたようだが、彼は無事に逃げ切れたのだろうか・・・。

 そうそう、何かしらの交通違反をしてしまったとして、その後たとえ逃げることを選んでしまっても、’’逃げる’’という行為自体は何の違反にはならないらしい。逃げたことを罰する規則がないとかで。でも逃げちゃったら他の違反行為を重ねることになるから結構リスクが高い。

 

 

 

 

 ここからネタ記事

 

 

 私は夢の中で、白バイ・覆面・白黒パトカー等の車両と追いかけっこをしたことがある。当然私は追われる側だ。

 覆面、白黒パトカーはどうでもいいとして(すり抜けが出来る人なら問題ないかと)、白バイの場合はいくら機動力があるとはいえ、重たいし(たぶん300kg弱くらいある)、幅があるし(エンジンガードとか商売道具が入ってるボックスとか)、バンク角に制限がある(エンジンガード)し、タイヤはツーリングタイヤ(BSならBT023とか)を履いていることから、冷静に対処すれば逃げ切ることは容易である。

 

 白バイから逃げることを選択してしまう私の様なライダーは、冷静に対処する「心の余裕」を持っているんじゃないかな。

 まず赤色灯に気付いたら、自分が何の違反を犯したか、罰金はいくらになるのか、今現在の自分の点数は何点だったか、現在いる場所からどの道を走ったらうまく逃げきれるのか・・・。これくらいは考えられる余裕がないと危ない。赤色灯が回ってからマイクで声をかけられ(~の車両に乗ってる運転手さん、止まってくださーいとか言われる)、停車するまでは20秒くらいはあるだろう。この間にどれだけ冷静になれるかというのが、安全に逃げ切れるかどうかが決まる一番大きな要因なのだ。

 最初は’’素直に従う振り’’をする。停車すれば、白バイ隊員は降りてくる。完全に隊員がバイクから降りたところを確認出来たら、交通状況を確認しフル加速する。タイムラグを利用して、一気に引き離す。そしてすり抜けしまくる。私の場合ミラーを畳んですり抜けに集中する。5、6台すり抜けたらもう白バイなど見えなくなっているはずなので、交差点を適当に曲がって、やり過ごせる場所を見つけ、エンジン停止。これでおk。(夢の中の話ね)

 交通量が全く無い道路の場合や峠道などでは、普通にバトルをするしかないが、まず’’命令に従う振り’’をすることをお忘れなく。隊員に変な疑いをかけられるのは良くない。フル加速後は、知っている道であれば、カーブや交差点ををいくつか抜けた後、わき道に入ったりしてエンジンを止める。停車せずにそのまま走ってもいいと思うが、追われている状況では少なからず心拍数は上がっているだろうし、焦っている状態だと思うだから、やはりやり過ごせる場所を見つけて一旦停車して休憩することを私はおススメする。夢の中だから逆に楽しんじゃうのもあり(笑)

 

 さて、彼らは取締りを’’商売’’でやっているので、一度獲物を見失ったら次の獲物を探し始める。一つの獲物に時間を掛ける事は効率が悪いからそんなに深追いはしないはず。ナンバーを覚えられてしまったとしても、基本は現行犯だからわざわざ家まで来て「あの時逃げたのはあなたではないですか?」みたいなことはない。赤切符レベルだともしかするとあるかもしれないな・・・。そこは正直わからん。少なくとも私の夢の中ではなかった。

 

 

 

 ま、そんな感じでとにかく冷静になり、対処することで白バイを振り切ることは、バイクならばなんとかなるだろう。

 だいたい違法性が少ないのであれば、ちょっとした違反くらいで高い反則金など払う必要はない。法律に無知だった時は、バカ正直に反則金を払っていたけど、今思うとそんな自分が本当に恥ずかしい。

 もともと事故の少ない道路や、歩行者のいないバイパスみたいな道路で20、30km/hオーバーのスピードで走ったところで、事故に繋がる可能性が低い、もしくは実際に事故がない道路なら取り締まる意味なんてないだろう。

 高性能な車やバイクがたくさん出てきている昨今、何十年も前に作られた法律(法定速度)に未だに従っているなんてアホくさくてしょうがない。

 

 

 

 

疲れたので寝ます。

最後にロッコの写真でも

f:id:yukkuriharuhei:20130608201831j:plain

広告を非表示にする