Practice makes perfect!

Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.

サスセッティングの重要さ

 タイトルの件について思うことを書いてみる。長いので時間のある方のみどうぞ。

 

 タイヤが滑る瞬間というのは基本的に、フロント荷重が抜けるか、アクセルを開けすぎてリアが振られるかのどちらかだと思う。どんなタイヤを履いていたとしても、滑る瞬間というのは誰でも分かると思うが、サスセッティングによってその滑り出しの瞬間の挙動や、滑った後の修正をコントロール出来るようになることは知っておいた方がいいと思う。

 

 私が大型バイクに乗り始めたばかりのころは、タイヤの知識やサスセッティングの知識など皆無に等しく、ただがむしゃらにバンクさせれば速く走れるのではないかと、馬鹿げた考え方で走っていた。そんな私は当然のごとく、一台目を一ヶ月で廃車にし、ローンだけが残るといったつらい思いをした経験がある。二台目を購入してからは慎重に乗るようになったが、この時もまだサスセッティングについての知識は何もなかった。

 それからしばらくして、ネットで知り合った気合の入ったライダーたちと走るようになり、ライディングやサスセッティングについて学んでからは、安全マージンを取った上で容易にそれまで以上のペースで走れるようになった。

 

 ここではライディングのことは置いておく。

 まず最初に何をしたかと言うと、プリロードの調整である。本来ならばやっていて当たり前のことなのだが、恥ずかしながら当時はプリロードや減衰の調整などなんのことやらさっぱり分かっていなかった。ノーマルのサスでもかなりの調整範囲を持っていることを知った時は感動したものだった。本当に無知だった・・・。

 さて、そのプリロードの調整についてだが、フロント・リア共に乗車時に、最大伸び幅の3分の1のところに持ってくるのがベストだと言われている。なぜかというと、フロント・リア共に荷重が抜けてスライドをし た時に、サスペンションが伸びてくれなければそのままトラクションを失って転倒してしまうからだ。特に雨の日に走ると、プリロードの重要性が良く分かると思う。よく動くサスに調整していれば雨の日でも恐怖感は少ないはず。

 

 次に調整のやり方についてだが、基本的に二人以上で行うのが望ましい。というか一人では無理。

 まずフロントサスの場合は一人がハンドルを思い切り持ち上げて、それ以上伸びないところまで持っていき、もう一人がインナーチューブの長さを測る。次にそのバイクのオーナーがバイクに跨り、もう一人がまたインナーチューブを測る。一番伸びている時よりも3分の1程度沈んでいればOK。

 次にリアの場合は、一人がテールを思い切り持ち上げフロント同様にそれ以上持ち上がらないところまで持っていき、もう一人がアクスルシャフトとリアシートまでの長さを測る。次に、またそのバイクのオーナーが跨り、もう一人がアクスルシャフトとリアシートまでの長さを測り、持ち上げて測った時の3分の1程沈んでいればOK。

 これでプリロードの調整は終わり。しっくりこなければ今の位置を把握しておき、少しずつ変えてもOK。体重が軽すぎて最弱に調整しても3分の1まで沈まないという方はそれで我慢するか、柔らかいスプリングに変えるしかない。ちなみに二人乗車可能な車でその逆はないと思う。フロントはその限りではないが・・・。

 

 次に減衰(ダンパー)のセッティングについて。

 最近のスポーツバイクであればノーマルサスペンションでも伸び・縮みダンパーの調整が可能となっているものがほとんどなので、設定ができる前提で書いていくが、その前に伸び・縮み減衰の違いについて説明する。

 伸び側のダンパー調整は、サスペンションが伸びる方向にストロークする時の速さを調整できるもので、縮み側はその逆である。それぞれ調整することで乗り味がかなり変わるので、いろいろ試してみていただきたい。

 

 縮み側よりも伸び側を先に調整していったほうが良い。なぜかというと、乗り心地が変わるから効果がわかりやすい。言い方を変えると、接地感が変わる。弱くすれば接地感が増す。高速では弱すぎるとふわふわした感じになるかも。

 縮み側をいじると、バンク中の踏ん張り感が変わるらしい。ちなみに、私は縮み側の変化はあまり感じ取れない為、はっきりしたことが言えない。この辺はタイヤの空気圧によっても変わるような気が・・・。

 

 減衰セッティングについては、どこをどういじったらこうなった、とメモを取りながらやることをオススメする。同じことを繰り返さなくて済むし、変えたい時に見直せばいいだけだから。

 

 参考にする必要は全くないが、街乗り・峠でスポーツ走行をする場合の私のセッティングを晒してみる。

街乗り仕様:伸び側はフロント・リア共に最弱。縮み側は適当。

峠仕様  :伸び側はフロント・リア共に最強と最弱のちょうど真ん中。

      縮み側は、フロントは真ん中より最強側、リアは真ん中

 私の場合はこんな感じ。マイナスドライバーが一本あればいくらでもセッティングできるので、是非いろいろ試してみてくだされ。

 

 

 基本的にスーパースポーツはサーキット走行を前提に作られているため、かなりハードな設定になっている。初めてSSに乗る方はプリロードもダンパーも最弱からスタートした方が良いかと。個人的には、初期の数値などは気にしなくてもいいと思っている。自分が乗りやすいと思えるセッティングを見つけることが一番重要。

※体重が90kgとか100kgもあるようなライダーは別。あと、最初からサーキットでしか走らないとかいうライダーも別。

 

最後に

 こんな情報はネットでいくらでも転がっているわけだが、最近それなりにこのブログへのアクセスが増えてきていて(大変嬉しいです)、初心者のライダーがもし見てくれていたら少しでも気にして欲しいと思ったから書いた。私は今までのバイクライフで、サスセッティングを知らないライダーをかなり見てきている。プリロードを抜けばサスペンションが柔らかくなるなんて言う人もいる(逆も然り)。プリロードをかけたり抜いたりして変わるのは、基本的に’’車高’’である。サスペンションが動く範囲を変えていると言っても間違っていない。その車高が変化することにより、前後のバランスが変わる為、硬くなるとか柔らかくなるとか言う人が出てくるのかもしれない。そもそも前提として、スプリングを変えなければ硬さが変わるわけがない。何度も言うが、前下がり・後ろ下がりの状態になれば、前後に掛かる過重が変わるから、そう感じるような気がするというだけである。

 ともかく、サスセッティングはとても重要で、分かってくるととても楽しいし、ライディングの幅が広がることは間違いない。私にとっては最高の暇つぶしである。正解なんてないから、いろいろと弄ってみてほしい。同じ場所を走っても、昨日はばっちしだと思ったけど今日はしっくりこない、なんてことは普通にある。しかし、前後サスともしっかり動かし、自分の意図した通りにコーナーを駆け抜けた時の喜びは、何物にも変えがたいものがある。スポーツ走行を愛するライダーなら分かってくれるはず。スポーツ走行をしないというライダーにも、サスセッティングには是非こだわっていただきたい。スポーツ走行をしなくとも、サスセッティングによってバイクとの’’人馬一体感’’は味わえるはずだから。

 

 

 

 

 

追記 2014/08/17

 プリロードについて少し。プリロードとはサスペンションを車体に取り付け(この時点である程度縮んでいる)、さらに人が乗った時にかかる「静止状態での荷重」のことを言う。よくプリロードをかけるとバネが縮むとか硬くなるとか言うライダーがいるが、1G(人がバイクに跨っている状態)でプリロードをかけようがかけまいがバネの長さは同じであり、プリをかけるとバネが縮むのではなくバネが押し上げられて車高が上がり、抜けばその逆になる。言い方を変えると姿勢を変えている。例えばリアのプリロードをかけると、リアの車高が上がり、前のめりになってしまう。逆だと尻下がりになる。乗り心地が変わったと思うのは、前後の姿勢が変わったことによりハンドリングへの影響があったからだと思われる。

 

 ひとつ例を挙げてみる。まず1Gの状態で前後バランスが取れているとして、タンデムシートに荷物を10kg載せたとする。するとリアの車高が1cm下がって尻下がりになり、前後にかかる荷重のバランスが変わる為、ハンドリングも変わってしまった。この場合はキャスター角が寝て曲がりにくくなる。その反面、直進安定性は上がる。しかしハンドリングを元に戻したいので、リアのプリロードを1cmかけて、車高を1cm上げてやれば1Gの時と同じ前後バランスになる。これで乗り心地は変わらないし、ハンドリングもそのままだから、荷物を載せていない状態に戻してあげたわけだ。何度も言うがサスペンションが硬くなっているわけではない。

 本来のプリロードの役目はこんな感じ。硬くなるのではなく、車高(姿勢)を変えるのである。だいたいプリロードをかけてバネが縮むなんてことがあったら車高が下がるだけでおかしなバランスのバイクになってしまう。サスをバイクから取り外して、サス単体で考えるなら話は別。しかし、この状態でプリロードの話をすることは意味がないと思う。

 あとダブルレートのサスが取り付けられている車種がある。これは初期の動きは柔らかく奥で踏ん張るようになっているサスだからシングルレートのサスとは混同しないでほしい。シングルレートはサスが縮む量に関係なく一定の反発力を持つサスのことを言うから、レートの違うバネに変えない限りサスの硬さが変わらないのは理解できると思う。

 

ちなみにこれがシングルレートのサスペンション

f:id:yukkuriharuhei:20140818101049j:plain

 

 

 

 

これがダブルレートのサスペンション

f:id:yukkuriharuhei:20140818100957j:plain

広告を非表示にする