Practice makes perfect!

Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.

ロードスポーツについて

 最近私のブログのアクセスがだんだん増えてきて、一日に10件以上見てくれている人がいるようだ。ほとんどが、ダンロップのロードスポーツのインプレのページなのだが、残念ながら梅雨に入ってからは大して走っておらず、肝心のライフやグリップの低下度合など、細かなところのインプレができていない。申し訳ないです。

 というのも引越しやら、お金がないやらで大して走っていないので、したくても出来ないのが現状だ(切)。一週間ほど前に道志みちを走った記事を書いたので、その時のことを少し書くと、空気圧は高めでもスポーティな走りが出来ることと、温度依存が少ないタイヤだということが改めて分かった。

 ちょっと詳しく書くと、空気圧はフロント、リア共に2.2~2.4kpaくらいで十分潰せるタイヤなので、ちょっとくらい高めでも安心感があって、燃費も乗り心地も良いということ。温度依存に関しては、温まっていなくてもリアのエッジまでは倒せる。バンク角で言えば40°くらいかな。しっかり温めた方が良いに決まってるが、そんなに神経質にならなくてもいいというのはとてもありがたい要素なのではなかろうか。まぁ暖かい時期ということもあると思うが、私は夜走ることが多いため、路面温度はわりと低い時に走っているのを前提に言っているということをお忘れなく。

 とりあえず、ライフだけはまだなんとも言えないが、総合的にみれば非常に優秀なタイヤだと思う。初心者から中級者までは間違いなく満足のいくタイヤである。