Practice makes perfect!

Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.

スーパースポーツのライディングについて

 スーパースポーツバイクのライディングについて思うことを書いてみる。



 まず、今時のSSのバイクを速く走らせようと思ったら、国産であれ外国産であれ、「フロント荷重をどれだけ掛けられるか」、これに尽きると思う。motoGPSBKが好きな人なら、一度くらいはオンボード映像を見たことがあるだろう。ブレーキとアクセルの表示付きの映像だ。あれを見るとわかると思うが、パーシャル状態ってほとんどないでしょ?コーナー進入時は基本、ブレーキを掛けっぱなしで入っていく。正確には、引きずりながら進入(バンク)する。何の為かというと、フロントサスペンションを伸ばさないようにする為だ。言い方を変えると、フロント荷重を掛け続ける為だ。フロント荷重を掛け続けるとは、フロントタイヤを路面に押し付け続けるということだ。とにかくフロント過重が抜けると(または掛かっていないと)、SSは曲がらないのだ。



 峠の下りカーブで怖い思いをした人はたくさんいると思うが、フロント荷重を掛けられるようになると下りのカーブが全く怖くなくなる。カーブ手前までは強めのブレーキングでしっかり減速し、カーブに進入して最大バンク角のところまでブレーキを引きずるのだ。それなりのスピードでコーナーへ進入をする必要があるが、間違いなく曲がる。最初はちょっと怖いかもしれないが、これができると非常に楽しくなってくる。ブレーキ頑張ってるのにサスを沈ませられないというライダーは、姿勢が悪いかセッティングが悪いか、グリップの低いタイヤを履いているに違いない。

広告を非表示にする