Practice makes perfect!

Perhaps the worst sin in life is knowing right and not doing it.

無題

しかし空気圧のことで過剰に反応してしまうのは本当改めないといけないなぁ。
別に他人に強要するつもりなんてないんだけど、いきなり否定から入られたらねぇ・・・。
まぁ間違いなく否定してくる人は一度も俺と同じセットで走ったことが無いんだろうな。
もしあったら否定から入るなんてことは考えられないからな。


そもそもプロダクションタイヤの空気圧に公道用の設定なんて無いんだし、
こっちは低いも高いもいろいろ試した上でやってるわけで、他人にとやかく言われる筋合いはない。
参考にならないと思ったら無視してくれればいいわけで。
なぜそこまで低いといけないのか具体的に指摘した人は一人もいなかったしね。



インプレ記事でも書いたけど、レーステックRRは半端じゃなく硬い。
スパコルがすこぶる柔らかかったからなおさらそう感じるのかもしれないけど、
2.5キロなんて入れたら乗れたもんじゃないんだぜ。マジで。
ツーリング行くのに履くタイヤじゃないんだぜ。




公道で履くタイヤでも無いですが。
ごめんなさい。




最初は前後とも冷間で2.2キロで乗ってたんだけど、
あまりに乗り心地が悪かったんで、冷間で2.0キロまで落としたんだよね。
それでも峠をかっ飛ばすと今度は内圧が上がりすぎてグリップ感が乏しかったんで
温間で2.1キロで合わせてみたらいい感じだったというわけ。



そんでもってそれなりのペースで走った結果があの写真。



まぁフロントは見事にアマリングが残ったけど、リアはそれなりかと。
全く荒れが見られないことから、サスセッティングの方向性や走り方はきっと問題ない。




携帯アプリのディアブロスーパーバイカーがどれだけの精度があるのか知らないけど、
左右とも最大バンク角は55度という結果だった。




正直自分でもそんなに倒してるのかと驚いたし、
逆にそれだけ倒してもアマリングが消えなかったということにも驚いた。
レーステックの限界はまだまだずっと先にあって全く使い切れていない。
ま、それがわかっただけでも自分の未熟さを再確認できたわけだから、
前向きにこれからもっともっとスキルを磨いていくだけだね。




しかし公道だから、マージンを残して走らなければいけないからあれ以上はちょっと厳しいな。
これ以上攻めるならサーキットだな。
まだまだ進入がマックスコーヒー張りに甘いんだろうけど、
失敗したら崖から落ちちゃうからな。崖から落ちたらきっと死んじゃうし。
まだ死にたくないから今くらいのペースで遊んでいよう。





おっともうこんな時間か。
独り言はこの辺にして寝るかな。
おやすみなさい。

広告を非表示にする